小線源単独療法  伊丹 佐藤

治療を受けるまでの経緯は?

2016年 9月 MRI CT検査
2016年10月 一泊2日精密検査 生検
2016年11月 CT検査 骨シンチ

以上の検査から伊丹市立病院で全摘出手術と言われた。その後、娘がインターネットで前立腺癌について調べたところ滋賀医科大学附属病院の岡本先生を知り直接連絡したところ、すぐに診察していただけるとのことで、セカンドオピニオンをすることに決めました。
2017年1月に岡本先生の診察を受けました。

 PSA:7.047
 グリソンスコア:
 陽性率: 21%(生検14 本中陽性 3本)
 T分類:
 診断時年齢:73 歳
 触診の結果は?:

治療後にどう感じましたか

治療予定の方は現在の気持ち

術後はまったく後遺症もなく、手術前と変わらない生活が送れるようになりました。
セカンドオピニオンをして岡本先生に治療していただけて本当に良かったです。

滋賀で、治療が打ち切られることについて

まったく考えられません。
弱い立場である患者が守られるよう、岡本先生の講座が継続されるよう国立の機関に浄化作用が働くことを強く希望し訴えたい。

言い忘れがあればここに・・

もし、私が時を遡れたとしたら、同じ治療を選ぶかと問われたが、
私は 「はい、この治療を選びます」と答えた。  伊丹 佐藤

※ 伊丹 佐藤 さん回答ありがとうこざいました。もしこの回答内容を変更したい場合は、再度ご記入いただければ、差し替えさせていただきます。