小線源単独療法   名古屋 片岡

お住まいの地域:愛知県

治療を受けるまでの経緯は?

会社の集団検診で、PSA値から精密検査を指示された。
名古屋大学附属病院で生検をし、前立腺癌が確定した。

名大ではダビンチによる前立腺の摘出手術を薦められた。しかし、インターネットで調べると、摘出手術の副作用は尿失禁で、しかも癌の再発リスクが高いことが分かった。さらに調べて岡本先生の小線源治療を知った。

メールで岡本先生に直接問い合わせたところ、岡本先生から「普通に治る」と心強いお言葉をいただき、迷わず岡本先生に治療をお願いすることにした。

 PSA:7
 グリソンスコア:4+4=8
 陽性率:8%(生検 12本中陽性 1本)
 T分類:分かりません
 診断時年齢:60歳
 触診の結果は?:異常なし

治療後にどう感じましたか

治療予定の方は現在の気持ち

岡本先生の小線源治療は、再発リスクが低く、尿漏れ等の問題も起こらない、素晴らしい治療法です。
この治療法が日本中に広がれば良いと思います。

現在の経過、伝えたいことなど

差し支えなければ、男性機能はどうなりましたか?、教えてください。

癌だったことを忘れてしまうぐらい順調です。

患者さんへの質問:
もし、時を遡れたとしたら、同じ治療を選びますか?

私は 「はい、この治療を選びます」と答えた。


名古屋 片岡

名古屋 片岡さん、インタビューへの回答ありがとうこざいました。もしこの回答内容を変更したい場合は、再度ご記入いただければ、差し替えさせていただきます。
また、あとで私のコメントをここに記入させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です