小線源単独療法   京都 松本

お住まいの地域:京都府

治療を受けるまでの経緯は?

前立腺肥大症の治療中にPSA11.1が判明しました。
後日生検をした結果10本中2本が陽性でグリソンスコアが4+4でした。その後1年8か月ホルモン治療受けましたが当時の主治医からは小線源治療、放射線治療の説明が全く有りませんでした。

知人の紹介により岡本先生の診察を受けますが9月12日の診察時には小線源治療が受けられない事がわかり、家内共々ショックを受け悩みました。手術が出来る病院を探していた処,岡本先生より10月3日に通院するよう連絡を頂きました、そして11月5日に手術をしますとのお話が有り家内共々大喜びしました。
そして10月18日のプレプランを経て11月5日に無事手術を受け現在に至ります。

 PSA:11.1
 グリソンスコア:4+4
 陽性率: %(生検 本中陽性 本)
 T分類:
 診断時年齢:70 歳
 触診の結果は?:

治療後にどう感じましたか

治療予定の方は現在の気持ち

手術時の痛みは全く無くて楽な手術でしたが当日の晩は寝返りが出来ず辛かったのを記憶しています。
退院の日は普通に歩けましたので、バス電車と乗り継いで帰宅しました。この様な素晴らしい手術がある事を同じ病気で苦しんでいる方々に伝えて行きたいと考えています。
私は運よく小線源手術を受ける事が出来ましたが滋賀医大のやり方には非常に怒りを覚えます。

現在の経過、伝えたいことなど

差し支えなければ、男性機能はどうなりましたか?、教えてください。

現在のPSAは0.169で毎日普通に過ごして居りますので手術(全摘出)や、投薬によるホルモン治療をしなくて良かったと思っています。
又運よく岡本先生に診てもらえ、手術をして頂いた事は大変幸運でした。又近日中に小線源治療が再開されるとお聞きしましたが前立腺癌で悩んでいる方々にとって大変な朗報です、
1日も速い治療再開を待っています。

患者さんへの質問:
もし、時を遡れたとしたら、同じ治療を選びますか?

私は 「はい、この治療を選びます」と答えた。


京都  松本

京都  松本さん、インタビューへの回答ありがとうこざいました。もしこの回答内容を変更したい場合は、再度ご記入いただければ、差し替えさせていただきます。
また、あとで私のコメントをここに記入させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です