トリモダリティ療法 愛知 川副

お住まいの地域:愛知県

治療を受けるまでの経緯は?

2016年にPSAが4を超えました。それから2年経過観察を続けていましたが、2018年にMRIでガンの可能性が高いことが分かり、生検を受けたところガンが確定しました。すぐに岡本先生を受診し治療を受けることができました。これで命が救われたと先生には感謝申し上げています。

 PSA:6
 グリソンスコア:4+4
 陽性率: 25%(生検 本中陽性 本)
 T分類:T3b
 診断時年齢:64 歳
 触診の結果は?:

治療後にどう感じましたか

治療予定の方は現在の気持ち

私のガンは超高リスクであり、命の危険を感じていました。しかし治療後の現在は、助けていただいたと安堵の気持ちで生活しています。

現在の経過、伝えたいことなど

差し支えなければ、男性機能はどうなりましたか?、教えてください。

患者さんへの質問:
もし、時を遡れたとしたら、同じ治療を選びますか?

私は 「はい、この治療を選びます」と答えた。


愛知.川副


 

愛知.川副さん、インタビューへの回答ありがとうこざいました。もしこの回答内容を変更したい場合は、再度ご記入いただければ、差し替えさせていただきます。
また、あとで私のコメントをここに記入させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です